言語訓練

目次

(随時不定期更新。まだマシな記事などをピックアップ。) ~随想編(整理してあるのでまだマシ・まだ読める部類)~ 私について(自己紹介) ~目的・やらなければならない事を中心に~ 自己紹介。私がどういう人間かは、これを見れば大方分かります。 私の目的=…

このブログについて

このブログは基本的に、私の言語訓練に用いられます。 言語訓練は私、チンパンジーが考えを自分の中でまとめるためのメモ書きのようなものであり、本来世間様に発表するクオリティの文章ではありませんが、ごみ箱に捨ててしまうのも少しもったいないのでここ…

けもフレ2期をここから復活させる方策をガチで考えた

はじめに 先日けものフレンズ2期のPVが発表されたが、結果は大方の予想通り大炎上である。 www.youtube.com もうしばらくすれば低評価が4万にいこうかというところである。 コメントもひどい有様だ。 まあ仕方がないと言えば仕方がないのだが、私はけものフ…

研究室訪問に行く前にやっておいてもいいんじゃないかと思うこと

過去の記事(↓)の補足として、院試の前段階としての研究室訪問について書きます。 liuwusi.hatenablog.com しかし研究室訪問そのものというよりは、"その前"についてです。 過去の記事にも少し書いてあるのですが、実際に訪問して先生に会う前に、会わなくて…

「創造/create」の意味を私なりに定義する ~マクロとミクロ~

要約 私は創造を「マクロ視点の創造」と「ミクロ視点の創造」の二つに分けて定義。 「マクロ視点の創造」:問題解決や価値提供を主な目的として、革新的で価値あるものを新たに作り出すこと 「ミクロ視点の創造」:"創造することそのもの"を重要な目的と位置…

devでlargeな悟りの世界 Pt.1

概要 dev largeのメッセージ: 「人には持って生まれた使命がある」 「自分自身を見つめ続けることによって、その使命を永遠に探し続けなければならない」 「自分が何を楽しいと感じるのか?そこに使命を見つけるためのヒントがある」 dev largeの悟りとは:…

院試の小論文(研究計画書)とプレゼンについて

院試のための研究計画書と研究計画のプレゼンの、作り方的なものを簡単にまとめます。 研究計画書の文字数やプレゼンテーションの時間にもよりますが、少ないのであればフォーマットは簡単に、 背景→研究目的→具体的な研究計画→参考文献 でOKだと思います。…

「ケモtuber」について語らせてくれ ~次世代アバター~

最初に概要 ・ケモノ系バーチャルyoutuber「ケモtuber」に注目せよ。 ・バーチャルyoutuberは「次世代アバター(フェイストラッキングによってリアルの自分とより深くリンクしたアバター)」の前身である。 ・「次世代アバター」はヒトの姿ではなく、「ケモノ…

漫画村は環境。クラウドファンディングで適応せよ!①

最初に要約 このインターネットの環境下、本や電子書籍を売るという、旧来の漫画の売り方はもう厳しい。 この環境下でクリエイターと客がまともに交渉するには、「まだ存在していない、まだ制作していない漫画」を売るしかない。 「まだ制作していない漫画」…

「わたモテ」はなぜ再び人気漫画になったのか? ~「モテないし雪の日の学校」から~

過去の記事(一番下にリンク貼っときます)の延長線として、わたモテこと「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」がなぜ最近再び人気になってきているのかを、「物語」の面から分析したい。 わたモテの連載は、2013年初めから始まっているらしく、そこ…

MTBIとADHD ~P型(知覚型)、NP型はADHDに多い?~

最近、自分は軽いADHDなんだろうなと思う事がよくある。 と言っても、今のところ社会で生きていくのにすごく困った事はないし、病院に行くつもりもない。かなり軽いのでADHDではないのかもしれないが、それと同じ性質を持っていると思う。 生きていく中で時…

「ちょっとすき」という言葉について ~物語は「心の変化状態」~

突然だが、私は「ちょっとすき」という言葉がお気に入りである。結論からいうと、この言葉には必然的にストーリー性がある。だから好き。 というわけで、今回はこの「ちょっとすき」の魅力について語りたいと思う。 「ちょっとすき」は、「好き」とも「大好…

漫画村チャンネルからlichiro ebisu氏の思想・主張を深読みしてみた

とりあえず漫画村の主張をなんとなくで翻訳してみた。 恐るべし漫画村の煽りスキル。 漫画村がいろいろと話題になっているが、漫画村の運営者であるlichiro ebisu氏(本名非公開)の声が聞ける「漫画村チャンネル」で、彼の思想というか、主張のような物を感じ…

生物としてのヒトのコモディティ化 ~淘汰の基準、なし!w~

昔、優秀な人間とは腕っぷしが強い人間のことだった。 そこから人類が進化し、様々な道具、銃などの近代的な兵器が開発されると、「腕っぷしの強さ」は無意味化されてしまった。兵器は腕っぷしに関係なく、多くの人が使える。それにより、「暴力的な強さ」は…

私に大きな影響を与えたアニメ作品一覧

私が今までに見た深夜アニメ一覧で深夜アニメをまとめたので深夜アニメ以外、アニメ映画や普通の夕方とかのアニメもまとめてみようかなと思ったのですが、かなり膨大になりそうだったので、深夜アニメも全部まとめて、「特に」大きな影響を受けたものに限定…

私が今までに見た深夜アニメ一覧

なんとなくまとめてみたくなった。 一応ことわっておくが、私はオタクではない。断じて違う。 (私の中で重要なアニメは太字にした。) 2004年 砂ぼうず 私に最も大きな影響を与えたアニメの一つ。この漫画は私の人生に大きく影響した。特に漫画は大ファンで、…

情報はフリーになりたがる一方で、高価になりたがる②

(情報はフリーになりたがる一方で、高価になりたがる① の続きです) 世の中は情報(データ)化がどんどん進んでいる。 つまり、あらゆる物がカメラやスキャナーなどによりPCやスマホに取り込めるデータに変換できるようになり、プリンターや3Dプリンターなどを…

情報はフリーになりたがる一方で、高価になりたがる①

(この記事の内容については、クリス・アンダーソン氏著「フリー」第6章を読めばより深く理解できると思います) 「情報はフリーになりたがる(Information wants to be free)」 この言葉はスチュアート・ブランド氏の言葉であり、オープンソースの精神を端的に…

「INTP-T」がm-gramエムグラム性格分析をした結果

こうなった。 liuwusiさんは、一切の迷いなく情に流されずに極めて合理的で冷静な判断ができる人である、新しい物事やチャレンジを好み失敗を恐れず行動できる人である、とても控えめで謙虚な人であるといった印象を与える性格です。比較的マイルドで刺激的…

ツイッターはじめました

twitter.com テノヒラクルー

ラフな分業 ~「創る」は楽しいものでなくてはならない~

(フリーカルチャーの「フリー」って何?(まとめ) ~パワポで要点まとめ~の補足です) 「創る」は楽しい。これほど楽しいことはそんなにない。最高のエンターテインメントは、誰かが創った物を受け取るのではなく、自分で何かを創り出す事であると私は思う。 …

ジャン=ミシェル・バスキアとhiphopカルチャー

zozotown前沢友作氏云々で最近話題になったバスキアに関する記事。 ストリートからのし上がったことで有名なバスキア。彼の作品は、hiphop四要素の一つ、グラフィティアートをモチーフにしていると言われている。そんな彼の作品と、hiphopの関係性について思…

登録して数分でtwitterから追放された

便利そうなのでツイッターをやろうとしたら、電話番号を追加というページから動かなくなった。 私が何か不正を行ったらしい。何か個人情報が抜かれてないか設定をいろいろ見ていただけなのだが。 gmail以外の個人情報を与えるのが気持ち悪いので(しかも普段…

フリーカルチャーの「フリー」って何?③ ~継承という分業~

(この記事は、 フリーカルチャーの「フリー」って何?① ~表現の民主化へ~ フリーカルチャーの「フリー」って何?② ~創造コストの削減~ の続きです) (簡単な要点まとめはこちら) さて、前回は「創造障壁」と「創造コスト」についての説明と、創造障壁を低…

三年後離職率を気にするレッテル民族

今どきの就活生は流動化という言葉をご存知ないのだろうか? それとも、東芝やシャープや東電の惨状を見てもなお、日本に「安定」なるものがあると信じているのだろうか?最近の学生は新聞を読んでいるのか? 調べたわけじゃないが、こんなこと気にしてるの…

フリーカルチャーの「フリー」って何?② ~創造コストの削減~

(フリーカルチャーの「フリー」って何?① ~表現の民主化へ~の続きです) (簡単な要点まとめはこちら) さて、前回では「創造の自由」について定義した。もう一度書いておくと、 「創造の自由」とは、「何にも邪魔をされずに」:”金、時間、才能、技術、環境…

「ENTP(討論者)」は当たっているのか?

前回、「INTP-T(論理学者)」は当たっているのか?の続きである。 この結果を見る限り、ENTP型にも少し近いらしいので、ENTPについても当たっているか読んでみようかと思う。 (以下太線部は“討論者”型の性格 (ENTP-A / ENTP-T) | 16Personalitiesからの引用で…

「公式がすり寄るな」について

腐女子やオタクが「公式がすり寄るな」、「公式がやると萎える」と言うことがある。 それは、「余白」を自由に想像するのを公式に邪魔されることへの拒絶でもあるんじゃないかとふと思った。 下記のリンクを読んでもらえれば言わんとすることは分かると思う…

フリーカルチャーの「フリー」って何?① ~表現の民主化へ~

(簡単な要点まとめはこちら) 私は今までさんざん「フリーカルチャー」だの、「オープンソース」だの「オープンイノベーション」だのという言葉を使ってきたが、その根底にある、私自身の思想を今まで語っていなかった気がしたためこの記事で説明しようかと思…

漫画版「グローバルアストロライナー号」がコレジャナイ

www.nicovideo.jp 「グローバルアストロライナー号」は、私の人生に最も大きな影響を与えた映像作品の一つである。この映像がきっかけでm-flo、及びhiphopカルチャーと出会い、カートゥーンに出合い、STUDIO4°Cに、アニメではなくアニメーションに出合った。…