チンパンジー言語訓練ブログ

ぜひ目次を見て下さい(一番上の記事です)。twitter:@chimp_liuwusi

「無料」を批判する人たち ~天王寺区デザイナー騒動、プペル騒動~

先日取り上げたプペル騒動と少し似ている事例を思い出した。

nlab.itmedia.co.jp

 

天王寺区がデザイナーを無報酬で募集したアレである。2013年の話だ。

あの時も、ネットでがやがやと批判されていたらしい。テレビでニュースにもなっていたので相当な騒ぎだったのだろう。

ところで、今回えんとつ町のプペルを無料で公開する事を批判した人と、この天王寺区の例を批判した人は同じような人に見えるのは私だけだろうか?

同じ無料と言っても、フリーミアムとボランティア募集という全く別の事柄なのだが、批判しているのがどうにも同じような人に見えてならない。

 

天王寺区の例について、GMOペパボ(minneなどのサービスを提供)の創業者である、シリアルアントレプレナー家入一真氏がツイッターでコメントしている。

一体どんな偶然かこれらのコメントは、ツイートから三年後、プペルを批判する人たちにも向けられているように感じたので引用したい。

togech.jp

togetter.com

(上からツイートを引用)

 

twitter.com

 

twitter.com

(戦うべきは西野氏なのか?)

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

プペルのフリーミアムで西野氏を批判した人たちは、これら家入氏のツイートを読んで、2017年現在の「現実」を直視する...というのをやってみてはいかがだろうか?

西野氏を批判して時間を浪費するよりも自分のためになると思うのだが。

 

(多分家入氏はプペルについてもツイートしているが、ツイッターをしていない私にそれを探し当てるのは困難だ。そのため引用していない。)

(この記事を書くにあたって、批判派の意見を調べようかと思ったが、面倒なのでやめた。なんというか、それを知って役に立つ感じが一切しなかった。そのため記事としては公平性を欠き、不十分であるが、疲れているので勘弁していただきたい。)

 

(このブログは私の言語訓練に用いられます)