チンパンジー言語訓練ブログ

ぜひ目次を見て下さい(一番上の記事です)。twitter:@chimp_liuwusi

私に大きな影響を与えたアニメ作品一覧

私が今までに見た深夜アニメ一覧で深夜アニメをまとめたので深夜アニメ以外、アニメ映画や普通の夕方とかのアニメもまとめてみようかなと思ったのですが、かなり膨大になりそうだったので、深夜アニメも全部まとめて、「特に」大きな影響を受けたものに限定してまとめることにしました。

 

ディズニー編

 

ピーター・パン(1953)

この映画のビデオを見て育ったため大きな影響を受ける。次に来るセリフがだいたい分かるレベル。現実逃避癖はこの作品の影響かもしれない。

 

Mr.インクレディブル(2004)

ディズニー作品の中で一番好きな作品。とにかくかっこいい。

 

ジブリ

 

千と千尋の神隠し(2001)

異常なほどのな世界観の作り込みに圧倒された作品。人間の想像は架空の世界をここまで精巧に作りあげてしまうのかという事に、ただただ驚いた。

 

紅の豚(1992)

私に空への憧れを抱かせた罪深き作品。イタリアの海をまるで自分の庭のように短時間であちこち飛び回るというのにすごくあこがれた。

 

魔女の宅急便(1989)

紅の豚と同様に私に空への憧れを抱かせる。実際には不可能な「飛行」のリアルな描写がすごい。私は夢の中でよく空を飛ぶのだが、その感覚はこの描写に準拠している。

 

その他編

 

砂ぼうず(2004)

どんな汚い生き方にせよ生きてるってかっこいいなと思うきっかけになったアニメ。今でもいろいろ疲れると漫画を読み返す。

 

魔法少女隊アルス(2004)

世界観、世界の作り込みがすごい。千と千尋の神隠しと同じく人間の想像力にビビる。魔法モノが好きになったきっかけ。

 

グローバルアストロライナー号(2006?)

私の青春を象徴するアニメ。とても大きな影響を受ける。創作という面で言うと全てのアニメの中で多分最も大きな影響を受けた。

 

電脳コイル(2007)

ものすごく怖かった。4423とかヌルとか死ぬほど怖かった。マジで怖かった。トラウマレベル。かなり大きな影響を受ける。

 

魔法少女まどか☆マギカ(2011)

イヌカレー空間、展開で魅せるグロ、様々な考察要素、大量の二次創作と、いろいろカルチャーショックとなった作品。

 

日常(2011)

ギャグ=でんじゃらすじーさんレベルの認識だった私に衝撃を与えたギャグアニメ。当時としてはかなり斬新なギャグだったんじゃないかと思う。

 

輪るピングドラム(2011)

イカレアニメ。普通の頭をしている人間にはまず作れないアニメ。ものすごい影響を受ける。自分をかなり根本からひっくり返された。

 

スマイルプリキュア!(2012)

毎度毎度の王道テンプレ展開が最高に面白かったアニメ。最高に熱いプリキュア。ジャンプの王道展開は素晴らしいものであると思い知る。『パパ、ありがとう!やよいのたからもの』では不覚にも大号泣してしまう。この話は演出が素晴らしく、演出ってすごいなあと感じた。

 

団地ともお(2013)

人生で結構苦しい時期に偶然見たアニメ。偶然出会ったこのアニメにかなり救われた。砂ぼうずと並んで最も大きな影響を受けたアニメ。

 

キルラキル(2013)

直球ど真ん中で面白いと感じたアニメ。回りくどさや説教臭さがなく、the直球という感じでとても面白い。なんだかんだ回りくどいアニメにばかり触れてきていたので結構衝撃だった。

 

リトルウィッチアカデミア(2015,2017)

映画、テレビアニメ共に衝撃を受ける。特に映画はヤバかった。これぞモノホンのアニメ。

 

 

本当はもっとたくさん書きたいのだがキリが無いのでかなり限定して書いた。