「ケモtuber」について語らせてくれ ~次世代アバター~

最初に概要

・ケモノ系バーチャルyoutuber「ケモtuber」に注目せよ。

バーチャルyoutuber「次世代アバター(フェイストラッキングによってリアルの自分とより深くリンクしたアバター)」の前身である。

・「次世代アバター」はヒトの姿ではなく、「ケモノ」の姿をしているだろう。

・「ケモtuber」は「次世代アバター」の時代を先取りしている。だから注目すべき!

 

 

 

バーチャルyoutuberが最近流行っている。キズナアイはテレビで番組持つらしいので相当だ。

私は、バーチャルyoutuberの中でもあるジャンルに特に注目している。

 

ケモノ系バーチャルyoutuberである。私は「ケモtuber」と略している(この略称はそこそこ使われている模様)。

 

具体的な名前を挙げると、一番有名どころで、「式大元」。

『世界初バーチャルドラゴンお爺ちゃんYouTuber』と言えば、ピンとくる人もいるのではないだろうか。

f:id:liuwusi:20180331092957j:plain

(世界初男性バーチャルYouTuberこと「ばあちゃる」もまあ「ケモtuber」と言えなくもないが…フェイストラッキングを使ってないのであんまり認めたくない。)

 

その他名前を挙げると、シテイルチャンネルの「尾野(狐)」、エジエレキさんの「ナナホシすず」、最近見つけたので「ヤエガシキミコ」など、いろいろいる。

f:id:liuwusi:20180331093202j:plain

f:id:liuwusi:20180331093316j:plain

f:id:liuwusi:20180331093548j:plain

 

私なりに「ケモtuber」を定義すると、「ケモノの」バーチャルyoutuberである。

ここで一つ言っておきたいのは、「ケモノ」と「ケモ耳」は別物であるという事だ。ケモ耳はケモノではない。

つまり、ケモ耳がついたバーチャルyoutuber、例えば「のじゃおじ」こと『ねこます』はケモtuberではない。

f:id:liuwusi:20180331093731p:plain

 

 

と、ケモtuberについて一通り語ったところで、なぜ私がケモtuberにとりわけ大きな関心を寄せているかを説明したい。

 

焦らず順を追って話していくと、

 

まず私は、バーチャルyoutuberは「次世代アバター」の前身であると考えている。

アバター」とは、自分の分身のキャラである。

ハンゲームやモバゲーのアレである。3DSで言うとMiiだ。アメーバピグとかもアバターだ。 

f:id:liuwusi:20180331094106j:plain

f:id:liuwusi:20180331094144j:plain

f:id:liuwusi:20180331094211j:plain

f:id:liuwusi:20180331094222g:plain

 

そのアバターの進化形が、現在のバーチャルyoutuberであると私は考えている。

今までデフォルメされて実際の人間とのリンクが乏しかったアバター。それが、フェイストラッキングなどのトラッキング技術によって、より強く人間とリンクするという形で進化したのが、バーチャルyoutuberなのである。

今現在はバーチャルyoutuberの技術はあまりアバターとして使われていないようだが、きっとすぐにみんな使うようになるはずだ。

というかそれはもう、iPhone Xの「アニ文字」によって実現しつつある。アニ文字はほとんどバーチャルyoutuberみたいなもんだ。

f:id:liuwusi:20180331094340j:plain

アメーバピグレベルのアバター大流行はすぐそこまで迫っていると思う。

 

 

バーチャルyoutuberは次世代アバターの前身、これは分かってもらえただろうか。

もらえたなら次の段階へ。

 

 

では、その次世代アバターはどのような姿をしているべきか?という話である。

みんながみんな、キズナアイのような人間、ヒトのアバターをまとってコミュニケーションを取るのは果たして適当なのだろうか?

答えはNOであると私は思っている。理由は二つあって、

ラッキングで顔の動きをアバターに乗せるとリアル過ぎてキモくなりやすく、それを人間アバターの顔に乗せるとキモさ倍増だから。

アバターには「変身(リアルの自分とは違う自分になれる)」要素が重要で、人間が人間アバターをまとっても変身できないから。

である。

 

①は説明不用だ。人間アバターはキモくなりやすい。それだけだ。

②はちょっと説明したいと思う。

 

というのも、さっき挙げたアバターの例はみんな人間アバターだったので、「人間が人間アバターまとってるじゃん」というツッコミか入るからだ。

今まで人間アバターまとって問題なく「変身」できてるのに、何故急に人間アバターがダメなのという話だが、

なぜダメか、それは、「変身」するためにはリアルの人間とアバターの「距離」がある程度離れていないとダメだと考えられるからである。

ラッキングによってアバターが自分の動きに追従するようになると、自分とアバターの距離がせばまってしまう。

自分の顔をデフォルメ化した人間アバターが、自分の顔の動きに合わせてリアルに動くのを想像してほしい。まずキモい。キモいし、変身してる感があんまりない。

先ほど例に挙げたMiiアメーバピグなどのアバターは、フェイストラッキングで操作しない。自分がボタン等で操作して行動し、表情を表す。

そのため、人間アバターで自分に似せてはいるが、ある程度の変身感はあるのだ。

自分とアバターの「距離」がトラッキングでせばまってしまう以上、風貌で距離を取らなければ変身感は得られない。

そのため、今までは人間アバターでよくても、これからはあんまりよくないというわけである。

 

②についてもう一つありそうなツッコミ、「そもそもなぜアバターでは『変身』がそこまで重要なのか?」について説明したいのだが、うまくは説明できない。とにかく変身は重要だ。

逆説的な説明になってしまうのだが…

普通のチャットや電話、あるいはテレビ電話でいい所を、なぜわざわざ「アバター」を介してコミュニケーションを取るのだろうか?

いくつか理由はあるだろうが、「リアルな自分とは違った別の自分に変身したい」という願望があるからこそ、アバターを使うのだと私は思う。

 

 

と、いうわけで。

ラッキングを用いた「動きがリアルでかつ、現実と強くリンクされたアバター」=「次世代アバター」の場合、ヒトの姿をした「人間アバター」は不適切である。

次世代アバターはヒトの姿をしているべきではない。

ということが分かっていただけただろうか。

次へ進んでいく。

 

 

次世代アバターではヒトの姿はダメ、となれば、

やっぱり「ケモノ」しかない!!ヒトがダメなら当然「ケモノ」だろう。

つまり、次世代アバターは、「ケモノ」の姿をしているのである!!

ラッキングによってせばまってしまったリアルとバーチャルの「距離」を、バーチャルの風貌をケモノにする事によって大きく保ち、アバターに必要とされる変身感を確保し、同時にキモさを軽減するということである。

が、人間の顔や体の動きをトラッキングする以上、大まかな形としては、ヒト型でなければならない。 

f:id:liuwusi:20180331094954j:plain

有名なこの表でいうところの、2、3、ギリ4くらいまで。

ケモ耳ではダメだ。ケモ耳では「距離」が足りない。だからケモ耳は「ケモtuber」ではない。

 

そして今、次世代アバターが求める風貌をドンピシャでしているのが、「ケモtuber」なのである!

よって、次世代アバターはケモtuberのような風貌をしていると考えられる。

 

 

私がなぜ「ケモtuber」に注目しているか分かっていただけたと思う。

「ケモtuber」は「次世代アバター」なのである。時代を先取りしているのだ。

 

 

この事を説明するときによく使うのが、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」で出てきたアバターである。(サイコパスは近未来が舞台) 

f:id:liuwusi:20180331094723j:plain

このようにヒトの姿をしていない。

 

また、iPhone Xのアニ文字に、一つも人間のキャラクターが無い事も、フェイストラッキングとヒトの姿の相性の悪さを裏付ける証拠になるのではないかと思う。

 

 

私の好きなバーチャルyoutuber、「ミソシタ」がちょうどタイムリーな事をつぶやいていたのでここに貼る。

 

twitter.com

 

人がバーチャルなアバターに身をやつすのは、「変身」したいからだ。

しかしアバター、分身である以上、自分の姿をある程度模した、特徴を捉えたものにしなければならない。

そして、自分の姿を模したキャラクターがもしヒトの姿をしていたら、人間アバターだったら、(次世代アバターという条件下では、)リアルとバーチャルの距離があまりにも近づき過ぎてしまうのである。

そのため、キャラクターは自分の特徴を捉えた、自分をある程度模したものでありながら、「変身」できるほどには「距離」があるものでなくてはならない。

その時にうまく距離を取ってくれるのが、動物、「ケモノ」を用いた自己のデフォルメ化であると私は考えている。

 

きっともうすぐ、次世代アバターの時代が到来するだろう。

その時、ケモノ系のアバターではなく、かわいい美少女のアバターであった場合...

それの中身は多分、オッサンだろう。

リアルが少女であるならば、リアルとバーチャルの距離を取らなければならないので、アバターをリアルのようにそのまま少女にするということは考えにくいからである。

中身がオッサンであるならば、リアルとバーチャル(美少女のアバター)の距離は十分に保たれており、それは変身欲を満たしてくれるものになる。

 

つまり、次世代アバターの時代でネカマをするなら、美少女のアバターではなく、ケモノのアバターを使うべきである。

 

というわけで、ぐだぐだ長々書いたがここでおしまい。

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。約3900文字。すいません。